[データ無制限]最新機種502HW・504HWの選び方

ワイモバイルのポケットwifiプランには、月間データ容量を
無制限にできるアドバンスモードというオプションがあり、
【Poket WiFiプラン2】コースを契約するとオプション付帯できます。

[illust_bubble subhead=”504HW 契約しました” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]504HWを契約しましたので
さっそく速度テストしてみました >>
[/illust_bubble]

【Poket WiFiプラン2】を申込みできる機種は、
502HW・504HWの2機種です。

つまり、502HW・504HWのどちらかを契約すると
月間データ容量を無制限にすることができるわけです。無制限画像

どちらの機種を選べばいいのか?

今発売されている中では504HWが最新機種になりますが、
502HWも2015年10月に発売されたばかりの端末です。

どちらもキャリアアグリケーション対応で、下り最大187.5Mbps以上の
安定した高速通信を手にすることができます。

料金プランも3,696円(税抜)で同じ。どちらもアドバンスモードで
月間データ上限を無制限にできます。

では、どちらの機種を選択すればいいのでしょうか?
実は、双方には異なった特徴が1つだけあります。
その1つの特徴が合致したほうの機種と契約するのが一番です。

テレビ機能なら502HW

2016y03m28d_123328905
外出先でテレビを視たくなったことはありませんか?
職場・カフェ・ちょっとした待ち時間など、旅行の移動時の
暇つぶしにも502HWは便利です。
自室にテレビがない方も、わざわざリビングまで行かなくとも
502HWをスマホ・タブレットに接続するだけでテレビ視聴できます。
フルセグ視聴なら9時間。ワンセグだと11時間の視聴が可能です。

502HW

超高速通信なら504HW

2016y03m28d_133010809
Poket WiFi史上超最速のスピードで、快適な安定通信を
手に入れたい方は、最新機種の504HWがピッタリです。
2つの周波数帯を束ねて受信できるキャリアアグリケーションに、
新技術【4×4MIMO】を組み合わせることにより、
504HWの下り最大速度は261Mbpsにまで超高速化。

[colored_box color=”green” corner=”r”]「結構速い」と評判の
下り最大220Mbps【WiMAX2+】を遥かに凌ぐ圧倒的なスピード![/colored_box]

いざという時にしっかりつながる、デキるビジネスには欠かせない。
502HWと料金据え置き、アドバンスモードで無制限・高速通信を
今すぐ手に入れたい方は504HWがおすすめ!

504HW

今だけアドバンスオプション6ケ月無料!>>

502HW・504HW 比較まとめ

 502HW  504HW
 特徴  TV機能搭載 超高速通信
 サイズ W104×H60×D18.3 W106×H64×D17.9
 重量 約150g 約157g
 連続通信 約10時間 約9時間
 バッテリー 3000mAh
 無線通信 IEEE802.11(a/b/g/n/ac)
 接続可能台数 10台
 通信方式 LTE / AXGP
 周波数帯 900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
 最大速度
(下り)
【LTE】 187.5Mbps
【AXGP】 165Mbps
【LTE】 187.5Mbps
【AXGP】 261Mbps
 月間データ容量 7GB
(アドバンスオプション未加入時)
 端末価格 41,400円
(分割)1,150円×36回
 月額割引 -1,150円×36回
(実質端末代金0円)
 アドバンスモード 対応:1,684円 ⇒ 684円/月
月間データ容量無制限
 基本料金 3,696円
(アドバンスオプション込み)4,380円
icon-finger1-g 申込み・キャンペーン詳細はこちら
[colored_box color=”green” corner=”r”]504HWの速度テスト結果はコチラです >>[/colored_box]

ここに小さなテキストを
ここに見出しや商品名を

ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。

ここに小さなテキストを
ここに見出しや商品名を

ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。

ここに小さなテキストを
ここに見出しや商品名を

ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。