ワイモバイルSIM単体契約すると「対応エリア狭い?」確認してみた

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_s
「スマホは必ずキャリアと契約しなければならない」
今そんな時代ではなくなりました。

ドコモ・au・ソフトバンク(ワイモバイル)で契約した端末でも
利用から180日経つとSIMロック解除できるようになりましたし、
自分でSIMフリー端末を用意して、SIMだけ自由に選び
スマホ運用している人も増えてきています。

IIJmio・mineo・DMM mobileなど、いわゆる格安SIMと呼ばれる
業者は年々増え続け、自分の用途に合ったSIMを選びやすくなっています。

ワイモバイル SIMだけ契約

ワイモバイルにもSIMだけ契約するプランは用意されています。
必ずしも端末とセットで契約する必要はありません。SIMロック解除してある
スマホがあればSIMカードだけ契約することはできます。
call-71168_640

ちょっと気になる点があります

SIM単体契約でのエリアマップを公式サイトで見てみると、
4G(2.1GHz帯)と3G(2.1GHz+900MHz帯)しか対応していないように表示されます。

2016y04m05d_103138844

これは一体どういうことなのでしょうか?
本来であれば、ワイモバイルとソフトバンクのLTE網を含め
4バンドの周波数帯をカバーできるはずです。
もしかするとSIM単体契約だと、対応周波数帯(エリア)が狭くなるのか?
疑問に思ったので、近くにショップへ行って聞いてみました。

端末の対応している周波数帯が適用される

「公式サイトでのエリアマップは、あくまでも
どのスマホでも拾える最低限の周波数帯を表示している」だそうです。

現在ワイモバイルオンラインストアで販売されているスマホは、
基本的に全ての周波数帯バンドに対応していますが、
過去に販売された古い機種や、他社の機種の場合、
ワイモバイルがカバーしている周波数帯を拾えない端末もあります。

そのため、SIM単体で対応しているマップのエリアを
狭く表示させているということでした。

例えば、Nexus5xのSIMフリー版では、以下の4バンドと
3Gエリアの電波を拾えるということになります。
・プラチナバンドLTE(900MHz)
・LTE(1.7GHz・2.1GHz)
・AXGP(2.5)
2016y04m05d_104443335

まとめ

ワイモバイルのSIM単体契約するときは、
使用する端末が対応しているエリアが適用になります。

他社端末を持ち込み契約する際は、端末側のメーカーに確認のうえ
ワイモバイルで手続きするといいでしょう。

SIM単体契約ページはこちら >>

ちなみに、SIM単体契約の場合でも、2年間データ2倍などの
キャンペーンは適用されますので安心してください。

ここに小さなテキストを
ここに見出しや商品名を

ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。

ここに小さなテキストを
ここに見出しや商品名を

ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。

ここに小さなテキストを
ここに見出しや商品名を

ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。ここに簡単な説明などを記載。